Welcome to

Star In Job

介護に困ったらプロに任せるという選択肢も視野に

  • Post By:
  • Date:

老いは誰にでも訪れます

自分はまだまだ元気、歳をとっても一人で生活できると思っていませんか。いくら健康に気を付ける生活を送っていたとしても、体力は徐々に低下、免疫力も下がってきます。そうでなくても、突然事故にあう可能性もあります。つまり、いつ介護が必要になるかもしれないのです。そんな時、自分はどうするか決めていますか。何となく自分だけは大丈夫と根拠のない自信からなにも決めていない方が多いのではないでしょうか。それではいざという時に自分が嫌な思いをするかもしれませんし、家族に迷惑をかけることにもなるので、元気なうちに決めておきましょう。

絶対に自宅介護がいいというわけではない

老人ホームにだけは絶対に入りたくないという人がまだまだ多いようです。最期は自宅で迎えたいという気持ちはわからないでもないですが、寝たきりなどの重度な要介護状態になって自宅での介護は大変です。そのために自宅の改修工事などが必要になるかもしれません。それよりも介護専門に作られた施設の方が、介護する方もされる本人も楽なのです。自宅が一番住みやすいというのは自分勝手な固定観念です。自分のその時の心身の状態にあったベストな施設に住むべきなのです。

訪問介護などを使えば自宅介護もある程度は可能

ただ、どうしても自宅がいいなら訪問介護などを使う方法もあります。昼間だけでなく、料金は高くなりますが深夜や早朝の介護もあるので、必要であれば検討してみるのもいいかもしれません。ただ、24時間ヘルパーさんを付けるとなるとかなりの出費となります。一般人には不可能なので、そうなると家族などの身内の介護も必要となってきます。いざという時に困らないように、必要最低限の介護の知識は身に付けてくといいでしょう。

介護の派遣で仕事したい場合には介護に特化した会社に登録をすることで、色々な条件で働くことが可能になります。