Welcome to

Star In Job

本気で目指したいなら!保育士になるための資格

  • Post By:
  • Date:

学校を卒業するか、または個人的に試験を受けるか

保育士の資格は国家資格です。現在の資格取得方法には、保育士を専門的に勉強する学校を卒業する場合と、毎年行われている試験に合格することです。学校は、卒業と同時に資格を与えられるので試験を受ける必要はありません。しかし、学校以外では、個人的に試験を受けなければいけないためそれなりの努力が必要ですね。現在では、そういった専門の学校を卒業する人たちがほとんどなので、保育士を目指したい人は最初から学校で学ぶ道を選んでいます。しかし、それ以外でも保育士になれるチャンスはあるので、諦めることなく試験合格を目指しましょう。

保育士の試験とはどんなもの?

保育士の試験は毎年1回行われ、筆記と実技という形で試験の時期がそれぞれ違います。この試験は各都道府県にて行われているので、そちらに問い合わせて申し込みをしていきます。試験の内容は、筆記試験は心理学や保健に関するものなど複数の科目があり、これに合格すれば実技に進んでいく流れとなります。保育士の試験を受ける人は昔と比べて徐々に増え、全国で約5万人を超える人がいるくらい関心度が高くなっているんですね。しかし、その合格率は10~20%というものなので、高い合格率ではありません。このため、勉強をする上でも、何か工夫をしながら合格率を高めていくことが大切です。

合格するための学習機関

保育士の試験勉強には、参考書や問題集などを使って独学で勉強していくのもいいですが、他にも役に立つ学習方法があります。その方法とは通信教育があり、学校側が用意してくれる教材で学び、アドバイスや質問への回答などを通して本人の学習能力を高めています。1人で勉強する負担をいくらか和らいでくれて、過去の問題からその年に応じた合格のポイントも見計らってくれるので頼りになりますよね。また、準備講習会というのも各都道府県で行われ、試験対策について実際の保育士の方から教えられるので、講習を受ける価値は充分にありますよ。夢を諦めることなく、努力次第で実現させていきましょう。

保育園の求人を探す場合は、一般の求人サイトよりも、保育園専門の求人サイトを利用すれば、求人数も多く、好条件の非公開求人を探すことができて、よい条件の職場に就くことができる可能性は高くなるでしょう。