Welcome to

Star In Job

知っていそうで意外と知らない?コンビニバイトの仕事について知ろう!

  • Post By:
  • Date:

レジ打ち、検品などの基本のお仕事

コンビニバイトの業務の中で大きな比重を占めるのがレジ打ちと検品です。レジ打ちではお客さんが持ってきた商品をスキャンして値段を読み込み、レジに表示された金額をお客さんに払ってもらいます。また、レジでは商品の代金の支払いだけではなく、公共料金やコンサートチケット代金の支払いなども行うこともできます。検品では店舗に届く商品をチェックし、商品が少なくなっているところに補充して綺麗に棚に並べます。コンビニは飲食品、雑誌、生活用品など様々な商品が並んでいるので検品作業も多くの商品に対して行う必要があります。

心を込めて作ります!品ぞろえ豊富なレジ横フード

最近のコンビニエンスストアではおでんや肉まん、唐揚げ、アメリカンドックといったホットスナックなどといった一般的な商品に加えて、店舗で焼いた焼き鳥、手作りドーナツなどのスイーツまで幅広く取り揃えている店舗も増えてきています。こうしたいわゆるレジ横フードを作ることもコンビニバイトの重要な仕事です。作るとは言っても、こうした食品はすでに工場で調理されて冷凍された状態で店舗に届くので、バイトの業務として行うのは蒸したり、揚げたり、焼いたりするといった単純な作業だけです。これならば料理が苦手だとしてもやり方さえ覚えてしまえば簡単にできますね。

24時間営業ならでは!深夜帯のお仕事

午後10時以降に勤務する際には、昼勤帯に比べて時給を25パーセントアップさせなければならないことが法律で定められています。そのため、より多くのバイト代を稼ぎたいと思っている人には深夜帯にシフトを入れることをおすすめします。深夜帯は昼に比べるとお客さんの数が少ないので、一人か二人だけで仕事をすることが多いです。レジ業務だけでなく、古くなった商品を新しい商品と入れ替える検品などの業務も行います。慣れないうちは人数が少ないため忙しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば短時間に終わらせることができるようになるため昼勤よりも夜勤の方が楽だと感じる人も多いようです。

コンビニのバイトは、誰でも気軽に始めれるので、子育て中の主婦に人気があります!時間的にも働きやすい環境にあるので候補に入れる方が多いです。