Welcome to

Star In Job

完ぺきを求めなくてもOK!ママが子育てをしながら無理なく仕事をしていくには?

  • Post By:
  • Date:

短時間勤務かフルタイムかを選ぶ

妊娠を機に仕事を辞めてしまう人もいますが、お休みを取って続けていく人も多くなってきました。出産後も問題なく仕事をしていくためには、新たに仕事に就く人は勤務時間を考えなくてはいけませんね。仕事を続ける人も、会社によってはフルタイムから短時間勤務に変われるところもあります。フルタイムにすればそれなりに給料も多くなりますが、子供の預け先や家事との両立も難しくなる場合もあるので難しいところですよね。実家の両親が子育てを手伝ってくれるか、または勤務先の近くに保育所があることでフルタイムの大変さも大きく違ってきます。それらがどちらもない場合は、ご主人の協力があってもママの負担は大きくなってしまいがちです。子育ての始めは無理をせずに、楽に両立していけるのも大切なことですよ。

パーフェクトなママを目指さない

日本の母親像というのは、子供への愛情が第一優先で家庭を守るというイメージがあり、今もそれらが暗黙の了解で求められていますよね。ちょっとでも子供に寂しい思いをさせてしまったり、家事をたまに怠ってしまったときに、周りの目が気になってしまうママもいるでしょう。しかし、子育てや家事を完璧にこなしながら仕事をするのは、どんな人でも無理に近いことなんですよ。仕事は給料をもらうところなので、ミスをしないようにするのは当然です。しかし、家庭内となると些細なミスがあってもお互いが許しあうのが家族ではないでしょうか?仕事をしているママのために家事のサービスも充実してきているので、それらを上手く利用していけば、仕事にも支障なく続けていくことができます。1人で抱え込まずに、家族やサービスに頼っていくことでストレスを感じることもなくなるでしょう。

子育ての理解を求める

産後に、新しい職場や今までの職場に復帰する場合でも、子育て事情で周りに気を遣ってしまうことも起きてきてしまいます。昔と比べて会社でもだいぶん子育てママに対する理解も広がってきましたが、それでもまだ理解が足りない人もいるかもしれません。そんな人たちや雰囲気に気を遣ってしまう人も少なくなく、働くママにとっては大きな負担ですよね。そういうときは、同じようなママが多く働く職場を選んでいくのもいいですし、会社の頼れる人に相談してみるのも効果的です。新しく職探しをしていくときに理解してもらえるかを確認していき、今までの職場の人にも遠慮せずに頼っていくのも悪いことではありません。ただし、職場では仕事をまず優先していくようにして、それでも家庭の事情ができたときは仕方がありません。気を遣い過ぎては職場の人も気を遣ってしまうので、仕事と家庭を割り切って職場と上手く馴染んでいくようにしましょう。

主婦のパートは条件に合ったものを選ぶようにすべきです。家事などに忙しい主婦にとって、勤務時間は無理ない程度にするのが続けていくためのコツです。